読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジジのブログ~台湾人男性と国際結婚した私の日記~

台湾人男性と国際結婚した日本人妻が、国際結婚のことやその他もろもろ・日々のあれこれをつづっていく記録張。

台湾で結婚写真を撮影しました

ジジです。

台湾で、結婚写真を撮影しました。

朝7時におきて、老公の原付バイクに二人乗りして出発。

予定時間より遅れて、結婚写真スタジオに到着すると、さっそくヘアメイクが始まりました。

メイクを担当してくれたのは、アップルさん。

わたしは中国語が話せないので、アップルさんとの意思疎通はボディランゲージとごく簡単な英語、老公の通訳に頼ってました。

ふだん化粧しないので、つけまつげやらマスカラやらファンデやら・・ガッツリ盛られると違和感ありありです。

 顔だけじゃなくて、腕や首にもクリームを塗りました。花嫁の肌の色によりますが、より白く見せたい人ほどたくさん塗るみたい。

私のメイクが終わると、老公の番です。「えっ、自分も?」ってちょっとびっくりする老公。

f:id:lol-lab:20170427113811j:plain

メイクのあとは最初の衣装に着替えて、一時間ほどかけて撮影場所へ移動します。ワゴン車に、老公、私、運転手、カメラマン、アップルさん、助手ふたりの計7人が乗ります。

一日かけて、これだけの人数が同行して撮影するとしたら、日本じゃ途方もない金額になります。でも台湾では約20万円ほどで済むので、日本や香港などからわざわざ来るお客さんがすごく多い。

夫婦だけじゃなくて、日本からは女性一人で、思い出作りのために撮影にくる人もいそうです。

実は私も、老公と出会う前に一日花嫁体験を日本でやったことが(;'∀')。そのときはまさか結婚するなんて想像もしなくて、年取る前にウェディングドレス着てみたいという思いでやったけど、人生なにがおこるかわからない。

 

そうこうするうちに、現地到着、撮影開始です。

この日は異常な寒さで、ビーチが近いので海風も冷たく、寒がりの私はひたすら耐えるはめに。

f:id:lol-lab:20170427114612j:plain

撮影風景です。この衣装、腕周りがすごくきつくて、痛かった(私が特別太ってるわけじゃないっ)

夫婦一緒に写る写真以外は、花嫁単独で撮ることが多かったです。

その理由は老公曰く、「だれも花婿単独の写真なんてべつに見たくない。男はつまんない」

 

ところで撮影中、一番感激したのは、アップルさんがヌーブラとテープを駆使して見事に谷間をつくってくれたこと。これには老公も感激というか、感心してました。でも、無理によせてあげるもんだからスゴク痛かったんですけどね泣

f:id:lol-lab:20170427115157j:plain

もちろん顔も、原型がわかりづらいほど手を加えられてます。

f:id:lol-lab:20170427115719j:plain

 

寒い寒いと震えながら、それでも笑顔をつくって撮った写真の数々。

屋内に見えても、ドアはなくて吹きさらしです。でもほんとに綺麗なセットばかりでした。すべてのセットで撮ってると時間がなくなるので、いくつかピックアップしないといけません。私たちはほとんどカメラマンおまかせでしたが、こんなとこで、こんなシチュエーションで撮りたいというリクエストがあれば、もちろん聞いてくれます。

撮影する夫婦は私たちだけじゃなく何組もいるので、セットがあくまでしばらく待つこともあります。

f:id:lol-lab:20170427120857j:plain

 

あまりに風が強いので、ドレスの下に石を仕込んでスカートがひろがるのを防いだ件。ドレスが水につからないかとひやひやしました。

f:id:lol-lab:20170427121432j:plain

ポーズはぜんぶ、カメラマンが指導しますが、中には、「は?」とセンスを疑いたくなるよーなポーズリクエストもあります。そのときは我慢できず老公と爆笑してしまいました。

 

f:id:lol-lab:20170427121451j:plain

撮影場にある花のほとんどは造花ですが、屋外には本物の小さい花畑がありました。この黄色い花がかわいくて、予定にはなかったけど、おねだりして撮影してもらった。でも畑の中に入ってみると、花がいっぱい踏まれててかわいそだったな・・。

 

 

f:id:lol-lab:20170427121504j:plain

メイクで盛ってるので、顔が濃いです。

セットは割と古くて、汚れてたりするのに、写真の撮り方しだいでほんとに綺麗に見える。

 

海辺での撮影が終わると、台北市内へ帰り、ラストは台北101タワーの見えるところで撮影終了。

スタジオに帰ったのは夜八時ごろでした。

さいごに、メイクしてくれたアップルさんと記念撮影

f:id:lol-lab:20170427122044j:plain

めちゃ寒くて疲れたけど、ほんとにいい思い出になった。楽しい一日でした。

写真はぜんぶで260枚ほど撮りました。この中から、30枚を選んで本にします。できあがりは2~3か月後。気長に待ちます。その30枚はフォトショ加工して、シワやシミを消したり、太ってる人でもスリムに仕上げたりするそうです。本人が望むならそれこそ別人レベルにまで変えます。

これだけのことを格安でやってくれる台湾の写真スタジオ・・ほんとにおすすめです!

結婚写真を考えてるカップルは、いっそ台湾に行って、旅行がてら撮影してきてはいかがでしょーか。

 

 

 

 

 

台湾で結婚写真を撮影するため、ドレスを選びました

こんにちはジジです。

今回の台湾旅行のメイン目的は、結婚写真を撮影することでした。

台湾では、結婚式をするなら必ず必要になる写真。

私はこういう、いかにも女性が喜びそうなイベントでもめんどくさい・・と思ってしまうタイプで、朝から晩まで撮影とか正直気が遠くなりそうでした。

でもこんな機会はきっと一生に一度、と考えたら、やっぱり貴重な体験をさせてもらえて幸せだなーと感じました!

さて、台北市内の老公の家から車で10分、結婚写真撮影のスタジオにいき、当日のための衣装を選びます。

f:id:lol-lab:20170421172641j:plain

この中から、カラードレス2着と、白いウェディングドレス1着をピックアップ。貧乳なのでちょっと心配。

用意していたウェディングインナーを着ていて正解でした。スタッフの人が着せてくれるので、ペチコート無しでは情けないパンツ姿をさらし続けることになります。

f:id:lol-lab:20170421173126j:plain

胸がないのはマイナスに見られがちですが、あまり豊かすぎても谷間がエロくて下品になってしまうに違いないと自分を納得させながら

さんざん着回し・・

f:id:lol-lab:20170421173334j:plain

 

最終的にこの4着に決定!

f:id:lol-lab:20170421175029j:plain

本当は、カラードレス2着とウェディングドレス1着の予定だったけど、老公がさらに1着分の費用を出してくれたのでした・・。

 

翌日は撮影が待っています。

朝早く起きてヘアメーク、撮影場所に車で移動し、みっちり日が暮れるまで、ドレスをとっかえひっかえ、写真を撮ります。

 

 

 

 

台湾の結婚式に参加してきた

ジジです。

老公のイトコご夫婦の、台北市内で行われた結婚式に参加してきました!

会場はこんなかんじ

f:id:lol-lab:20170403163504j:plain

参加人数は、200~250人くらいとのこと。

参加者の中には台北市長や外交部長官など、えらいさんもいました。

そして新郎新婦登場

f:id:lol-lab:20170403164505j:plain

も、もう・・モザイクかけるのがもったいないっ。めちゃめちゃ綺麗でした~~!

美男美女、目の保養。新婦さんの赤い伝統的なチャイナドレスがめちゃセクシーでこりゃまた!新郎さんもイケメンで、できることならモザイク無しでお見せしたいくらいだけどプライバシーに配慮で(泣

しかし、感動したのもつかの間、事件発生

丸テーブルを、同席の人が料理を取ろうと回したときに、グラスワインがこぼれて私のドレスにびしゃあ~~っとかかってしまったのです!

「やばい、赤ワインはシミになる!」と青ざめる私。速攻でトイレに走り、水道でこぼれたところをばしゃばしゃ洗いまくりました。こういうのは早さが命。

その結果、ワインは落ちたけど、ドレスがびしょびしょに濡れてしまい、途方にくれて、その場にいられず会場の外に行きました(泣

外の方が早く乾くとおもいきや、小雨がぱらつきはじめ、私は仕方なく、すぐ隣のホテルに駆け込み、事情を簡単に説明したうえで

「すみませんがっ、ドレス乾かすためにドライヤー貸してくれませんかっ?!」とムチャなお願いをしました。

受付のおねいさん、びしょぬれドレスを着て突然現れた、得体のしれない日本人のアホみたいにせっぱつまったようすにヒキながらも、ドライヤーを出し、人のいないラウンジみたいなところに案内してくれて、「乾くまでこちらを使ってください」と言ってくれたのです。なんて親切なっ・・

私はここで、ドライヤーを駆使してなんとか服を乾かしきり、ホテルの方にお礼をいって、結婚式の会場に戻りました。

するとなんとっ、・・結婚式が終わっていたのです。

老公と老公妹が心配して、探してくれていたのですが、私はなんと、40分くらい席をはずしていたのでした。

必死過ぎて、まさかそんなに時間がたっていたなんて思いもしなかった私(時間確認することも忘れ)

心配かけたあげくに、せっかくの結婚式後半半分を見逃すという・・

ええい、過ぎたものは仕方ない、というわけで、とりあえず同じテーブルのみなさんとやけっぱちの記念撮影。

f:id:lol-lab:20170403170901j:plain

(左から、老公、私、老公親戚ご一家、老公妹彼氏、妹)

うしろを見てください。すでにほぼ全員が帰り、片付けしてます・・もうなにも言うまい。

でも、帰るときには、新郎新婦とも記念撮影できました。(左のふたりが新郎新婦)

f:id:lol-lab:20170403171608j:plain

大失態でしたが、終わりよければすべてよしってことで。

ちなみに、台湾の結婚式に参加するときは普段着でも全然オッケーといわれてて、実際ドレスの人と普段着の人が半々くらいでしたが、私は一応日本人の嫁として参加するので、「もし日本人代表みたいな目で親戚の人に見られたら、あまりみすぼらしい格好していくのは日本の恥になるのでは・・」と深く考えた結果、きれいめワンピースを着ていきました。

しかしワインかぶるくらいなら普段着でもよかった。さすがにジーンズとTシャツ、サンダルの人はいなかったけど、もしあなたが台湾の結婚式に呼ばれたら、ちょっときれいめの服でほぼ大丈夫じゃないかな。

実際、何を着ていこうがだれも特に気にしない台湾のお国柄。あまり気にするほどでもなかったです。